小口配送、クロスドッキング、長距離輸送Sohgo-TruckSohgo-Truckサービス会社紹介ネットワークお問合せ

だいちゃん Diary

トップ » だいちゃん Diary

梶大吉

何処にお金を使うか

[21.03.27]

ビジネスバッグは色々なタイプを使ってきが、大体3~5年で壊れる消耗品。一方で一生使いたいバッグもあり、45年前のイタリアのValextraというバックは今でも大切に使っている。このバッグの現在も販売されており65万円と高額である。でもこのバッグ、高級な革を使用し、熟練の職人が作ったとしても20万円が精々だと思う。45年前Valextraの店舗はミラノ本店1だったが、現在は日本だけでも13店舗あり、伊勢丹メンズ館一階入り口などのテナント料の高い一等地で売られている。結局はテナント料と人件費と広告代が、高く売らなければならない構造を作っている。


スポーツクラブはコロナ前には週7回通っており、お気に入りのインストラクターのレッスンは必ず受けていた。スポーツクラブはプール付きで1000平米だと10億の設備投資が必要、水道電気や設備維持のランニングにかなりのコスト、インストラクターの費用は5%以下である。お客様が必要とする部分にお金が使われず、失った会員を補填するために広告費に同額を使う。


飲食店で歴史があり遠方からも集客できる繁盛店の共通点は、単品で勝負している。安さ・多彩な品揃・店舗立派さなのではない。上等食材を使い、味を守る為には手間を惜しまない。お客様の求める部分は以外は徹底的にそぎ落とし、自社の強みにお金を手間をかけてきたのである。常識にとらわれずに一点集中してきたのである。


運送会社の差別化が難しい中、コストはスケルトンなので収益の確保は難しい。販売管理費の比率を下げるためには、拡大路線が常道手段となる。
でも拡大路線や横位置の戦略から一度離れ、お客様がこの時代に何を望まれているか見つめ直しその部分に資金を思い切って投入すれば、ブレイクスルーが可能かも。 (梶記)


フリーアドレスオフィス事情

[21.02.18]

コロナ下、在宅での勤務が増えオフィスから個人デスクが消え、自由に席を選べるフリーアドレスが主流になりつつある。都心に務める義妹から聞いた話(ほぼ苦情)で、結論からする会社に勤めるための必要なものを収納するスペースが減りとても不便になったとのこと。現在のロッカーの主流派は写真の様に、A4のボックスファイルが3~4個とパソコンが収納できるだけの空間に限定される。従来はサイドデスクがあり、机の上にペン立て、机の下には収納箱(履き替え靴/通勤時のバッグ等)をおけるフリーススペースもあった。これらがコインロッカー小型サイズの様な極小空間に押し込むことになる。従来は機能的に使っていたのがサイドデスクの最上部の薄い引き出し、これだけとっても、これが無いとかなり不便だとも言っていた。


私のサイドデスクには相当な多種多様な物が収納されている。予備ネクタイ/ハンカチ/保湿クリーム数種/洗面道具/多種ゴム印/予備薬/ティッシュボックス/筆記用具各種、列挙したら延々と続く。サイドデスクに収まらない物は棚も専用、読みかけの本/名刺入れ/カメラ/三脚/菓子箱/便箋やハガキ/、これも延々と続く。一見仕事に直接関係ない様に思えるものでもこれらは全て仕事をする上で必要な物。「企業は人」というが、置く場所だけ見ると刑務所の囚人の様な扱い。フリーアドレスと表現はカッコ良いが、狭い所に押し込む養鶏場を連想するのは私だけだろうか。元々私は大きなビルは嫌いで研修や会議で折々に利用するが、密封された空間、半日いると息苦しくなりその内頭が痛くなってくる。窓を開き外気を入れれば一瞬に解決する問題なのだが。そう言う当社のデスクワークは広々とは言い難い。電車通勤者には個人ロッカーがあるが、車通勤者にはない。でも個人デスクとサイドデスクもある、窓は自由に開くし、身近な所に植物もある。

フリーアドレスオフィス事情

読書の習慣

[21.01.26]

小宮コンサルの平野さんより社内研修で聴いた話   


「読書は成功への近道」
自分で野球をやっていて独学で変化球を見つけようと、色々な握り方やフォームで30万球なげてやっと変化球を会得したとする。でも見つけるまでに20年掛かってしまったら。それがひょっとしてカーブかもしれない。でも少年野球の入門書をみたら5分でお得するかもしれない。本には成功体験が書かれている。本書にかれていることがすべて正しいことではない。でも参考になることがある。


この話を聞いて改めて読書の重要性を痛感し、初心にもどって読書に励むことる。研修でこの話を社員とも一緒に聞いたので新たに書籍コーナーを設置し、誰でも本が手に取れるように。同時に小宮一慶手帖に記載のビジネスマンお勧め図書60冊を参考に、20冊位新たに買い足しする。方々に散らばっていた本を集め、一冊づつ手に取ると本を通じていかに多くの事を学んだか再認識する。準備が整って社員にアナウンスする時は、持ち出し自由、本には存分に線を引いた書き込んだりしてOKと伝えようと思う。学生時代、簿記の本を運動部の先輩から引き継いだが、その本には何人の勉強の爪あとが残っておりどこが重要か一目瞭然で短時間で効果的な勉強ができた。顧問になっている小宮さんの本だけで100冊以上はある。  

読書の習慣

わくわく感がない「トイザらス」

[20.12.14]

新浦安のトイザらス。クリスマスのプレゼント用のリボンがあるか店内に入りXmasコーナーを見たがガッカリする品揃え。ツリーを買いに行った訳ではないが安物ツリーがずらっと並び、大型スーパーの催事場やおもちゃ売り場の方がよっぽど気が利いている。
クリスマスシーズンはおもちゃ屋にとってトップシーズンだと思うのだが、店内入口にあるXmasコーナーからは、ワクワク感が一切ない。さびれた店舗の陳列棚には、夢が感じられない。本部から送られてくる商品、店舗スタッフの自由度も全く無いと思う。売り場にいても寂しくなってしまうので、早々に店を出た。

イトーヨーカドーもスーパー事業は斜陽業種としてとらえ撤退が続いている。3年前に新浦安で撤退したヨーカドー、売り場面積は大きくても低価格のプライベートブランドが山積みされて、お腹を満たす食料を買いにいくだけの場所になっていた。楽しい買い物とは程遠い商品陳列、利幅が高い商品を効率良く販売しようという売り手の考えが前面に出ていた。その後に入ったヤオコーは、同じ立地・同じ売り場スペースで繁盛している。


会社で何か企画する時は、自分自身のワクワクを重要視している。自分がワクワクしないでお客様が喜ぶ訳がないと思っている。


どちらが平等

[20.11.16]

鎌倉の中華レストランを法事で利用。料理や接客が良かったので、グーグルの口コミに星5個と簡単なコメントを入れ、皆がどんなコメントを書いているか気になり見たが、評価の低いコメント欄に「地元の常連客には何品かサービスした上に、大幅値引きまでする店」と書かれていた。私は常連でも顔を知ってもらっている訳ではないが、高めのコースを注文したからかも知れないが、サービスでふかひれスープを姿煮にアップグレードしてもらったり帰り際に饅頭をもらった。


私は常連や利用額の多い顧客に、特別なサービスや可能な限り便宜を図っても良いと思っている。航空会社は利用頻度に応じてランク分けして徹底的に差をつけ、JRも料金により受けられてサービスが全く異なる。ホテルも高級になればなるほど、常連顧客を大口顧客を特別扱いする。新宿伊勢丹は高額所得者の上位1%がターゲット、外商は顧客を徹底的に特別扱いする。私は航空会社のカードも持たない、JRのグリーンも高級ホテルも利用しないし、伊勢丹で買うのはフランスパン程度。でも色々な場で常連客に特別なサービスを提供するのは、不愉快には感じないし、顧客に対してある意味「平等」で正しい対応をしていると思っている。特別扱いして欲しければ、利用者としてそれに見合った事をしなければならない。


決して他人事ではなく、我が社の商売でも高額利用企業には特別な計らいが有って良いと日頃から思っている。それは小口顧客を冷遇することではない。我が社のサービスは全て定価があり、一回の利用顧客に価格を吹っ掛けることも一切ない。反省すべき点もあるだろうが、飲食・ゴルフ・個人向けの贈答は一切してない。できるなら全ての顧客に「あなたは特別」であって良いと思う。でも価格や輸送条件での個人判断にもとずく「特別」は、後日問題になるケースは多々ある。お客様の圧力は強く「前回は無理聞いてもらったのに」「〇〇さんはやってくれたのに」と言って無理をねじ込んでくる。難しい問題だ。

どちらが平等

15種類目の資源ごみ

[20.10.14]

今月からハーネス(電線コード等)も資源ごみして分類することにした。金属スクラップの回収業を営む社長から、ハーネス類も買い取りますと聞いたので。有償だから分類するのではなく、資源を再利用する回収先があれば分類している。今年になって産廃処理価格が倍以上になっている。理由は関東地区には廃棄場所がないため関東圏外に廃棄するそうで、輸送運賃による値上げと聞いている。


物流業は廃棄処分品を有料で受けとるサービスをしてなくても、自然と置き場には処分品が増えてくる。構内での資源ごみの置き場を明確にすると、運転手が自主的に手を加えて丁寧に分別してくれる様になった。分別は汚れる作業で、置き場も煩雑とする。でも社会の何処かで誰かがこの様な汚れ仕事もしなけらばならない。

15種類目の資源ごみ15種類目の資源ごみ15種類目の資源ごみ

正しい向きに

[20.09.11]

普段は運転が上手な家内が、高速道は苦手だと言っていた。詳しく聞くと走行車線の左側のラインに合わせて運転してるそうだ。逆に私は長距離の高速運転が大好きで、静寂の中、遠くに吸い込まれる様な気分がとっても好きだ。そこで気づいたのが視点の違いで、私はかなり先を見ており、家内は近い所を注視して運転していた。その違い(コツ)を説明すると、家内も快適な運転ができる様になったと納得してくれた。


先日友人がコロナ下の経営について「正しい向きに素早く変化し、継続すること」とアドバイスしてくれた。具体的にはコロナ下を加味して2028年にはどうなっている、2024年にどうなっている、そして今年は何をする。目先のコロナ対策に追われるが為にひょっとして逆向きの対策を打っていないか。その話を思い出した時、高速道路の運転に共通点を見出した。そして友人は、コロナによる変化はひょっとしたらジャンピング・チャンスにもなりえるとも言っていた。

正しい向きに

グーグル・スプレッドシート

[20.08.24]

一ヵ月位前に古賀常務より、受注表→配車表作成→運行指示書の毎日の業務にグーグルのスプレッドシートを活用したいとの提案があった。従来は4~5名がバラバラに受注し一枚の受注表に書き込み、その明細から一人の配車係がエクセルシートに入力し直し、30名弱のドライバー用に配車表を作成していた。それを複数名が受注段階から、クラウド上の一枚のスプレッドシートに直接入力してみてはとの提案だった。目的は配車係の作業軽減と、複数名で入力による作業標準化だった。20年の歴史の中でちょっとづつ改善して最適化してきた業務フローだけに、私自身はそう簡単には変更できるものかと横から疑心暗鬼で見ていた。幸いに私の憶測は大きく外れ、社内での数回の打合せとスプレッドシートを次々とカスタマイズして10日位で軌道に乗せてしまった。複数名が直近の配車を共有できる効果は計り知れず、会社としての受注能力も大幅に改善された。
更に大きな副産物もついてきた。事務所内の変革に気が付いたドライバーから、そのスプレッドシートをドライバーにも開放して欲しいと言ってきた。従来は配車表が完成した後、初めて各ドライバーが各自の運行指示書をみて積込作業を開始していたが、配車途中のスプレッドシートを置き場に設置したモニターでリアルでドライバーが見る事により、積込作業を早い段階から見込で開始することが出来る様になった。

私は変化を恐れ現状維持に甘んじるタイプだが、今回の業務改善は固有のリーダーシップの寄るモノではなく多くの人が自然に関わり、皆の知恵やアイデアを持ち寄って早期に完成形へと導いていった。実は今回の変革は、結果オーライの様な偶然の出来事ではない。長距離混載の日常業務においてこの2年間はサービス向上の為、全国にパートナーを探し配送ルートを工夫し進化を継続してきた。2019年4月~2020年8月の間に、北海道便・北東北便(青森/岩手/秋田)・南東北便(福島/宮城/山形)、浦安第二倉庫の立上げ・そして関東地区の当日配達便のスタート等、目まぐるしチャレンジし改善してきた。この様なことも意図も簡単に成し遂げる社風が、いつの間にか出来上がっていたのかも知れない。

グーグル・スプレッドシートグーグル・スプレッドシート

CFOの重要性

[20.07.21]

小宮コンサルタンツに会社の顧問になってもらい20年経過し毎月アドバイスをもらう一方で、小宮一慶さんの年6回の公開セミナーも並行して受講している。
小宮さんにコンサルになってもらい、最初のアドバイスは海外の物流に目を向けることだった。その指導もありアメリカの大学主催のロジスティックセミナーを受講したり、ドイツ/スウェーデン/シンガポールの物流企業も進められ見てきた。小さな会社の小さな常識を打ち破るには十分な刺激を40歳で感じることができた。
小宮さんの6月のCFOについて話した講演は印象的だった。(以下その要約)
・中小企業には本当のCFO(最高財務責任者/Chief Financial Officer)は存在してない。
・優秀なCFOは社会的にも不足しており、優秀なCFOに支払らわれる報酬は数千万円になる。
・高額の報酬を出しても優秀なCFOでないケースもあるが、低い報酬で優秀なCFOを雇用できることはありえない。
小宮一慶さんは多くの一流企業に深く関わり、各分野で一流の人と一緒に仕事をしてきている。小宮さんの「優秀な人」と表現する時は、私が感じる優秀とはケアが違う。でも小宮さんと親しくさせてもらっているご縁で、小宮さんの周りの「優秀な人」と何度かご一緒したこともあるが、エリートマンの雰囲気は一切なく、至って普通で気さくで腰が低いと言った印象だ。

CFOの必要性を強調されると、私自身経営者として30年以上経験してきた中で「確か」にと思う。CEO(=社長?)は人なつっこい人柄、COO(=営業部長?)は現場に精通したやり手、この様なツートップが引っ張る会社は一杯見てきたが、そこにキャッシュフロー管理/投資判断/経営計画策定/経営の数値的指針を出せるキレキレのCFOを片腕とする会社は本当にマレ。小宮さんの指摘する中小企業にいないとの指摘は的を得ている。ただCEOがCFOの能力を兼ね備えて人は何人か知っているが、その人達は一代で会社を上場させたり上場せずとも好業績を維持している。
当社には数千万円の報酬を出して優秀なCFOを雇い入れる力はない。でもCFOの力を兼ね備えた優秀な人を一社で独占することなく数社とシェアーすることはできる。物流業界にあって私が特に重視するのは経営の数値的指針で、この分析力をもった企業は積極的に挑戦して確実に成果をだしている。話は戻るが20年前にシンガポールシェンカーの、当時世界で最先端の倉庫を見学した時、物流センターのリーダーにCFO的な能力をもったドイツ人がいた。倉庫レイアウト、システム、運営まで一貫した数値で現場を把握し、全て一人で設計から運営まで任され2年間休むことなく働いていると言っていた。


ウーバーイーツ

[20.07.10]

新しいビジネスに精通する親友の高島健一さんに、私自身は依頼したことがないウーバーイーツのビジネスを運送会社の違いを質問した。ウーバーイーツのモノを運んでいるので、物流会社との線引きが知りたかった。
答えは明確で一言で表現した。ウーバーイーツは「マッチングビジネス」レストラン/運ぶ人/食べる人をマッチングしている。もっとも重要なことは、3者の信頼度を明確にレイティングしていることだそうだ。和コロナ感染後、スポーツジムに行けなくなってハマっているのが、自宅でできるネットヨガ(オンラインヨガ)。これはスポーツクラブではなく、ヨガインストラクターと利用者をつなぐマッチングビジネスだ。運営会社にはリアルなジムは存在せずオフィスだけ、運営会社はインストラクターの利用者がレイティングした評価を開示して、利用者のレッスン選択の参考にさせている。一方でイントラから利用者もレイティングされていると思う。


今後は実店舗を持たないスポーツジムが増えると同様に、ブローカーや水屋と言われてきた取扱業者がレイティング機能を付加したら、実運送業者は下請けになってしまうかもしれない。ネット上で使い勝手がよく、信用信頼のレイティングを開示するサイトを運営するとができれば、利益はマッチングサイトに吸収され、総合トラックのウーバーイーツの配達をする人に近しい存在になってしまうかもしいれない。

ウーバーイーツ



取り扱い品

鋼材 丸鋼 鋼管パイプ 鋼板(薄板・厚板・敷板) フラットバー C型チャンネル H鋼 アングル 溝型鋼 異型パイプ 線材 レール Iビーム 異型丸棒 ガス管 山形鋼 パンチングメタル 薄板平鋼 インゴット スリットコイル 建築資材 木材 サイディング フェンス 屋根材 グレーチング ガードレール マンホール 床板 塩ビ管 石材 建設足場 ラス アルミ押出材 金型 エクステリア ガーデニング品 スクリーン 健康器具 通信ケーブル 通信管 避雷針 絨毯 太陽光パネル 一般雑貨 自動車部品 長尺モノ 長物 長もの パレット物 重量物 路線便では割高になる個数物 クレーン降しの商品 2t車以下の少量

混載の集荷・配送エリア

北海道地区:北海道
東北地区: 福島県 宮城県 
関東地区: 東京都 千葉県 神奈川県 埼玉県 茨城県 群馬県 栃木県
中部地区: 静岡県 愛知県 岐阜県 山梨県 長野県
近畿地区: 大阪府 京都府 滋賀県 兵庫県  和歌山県 三重県 奈良県 
中国地区: 岡山県 広島県
四国地区: 徳島県 香川県
九州地区: 福岡県 大分県 佐賀県 長崎県



新北海道便販売開始!